家電製品の歴史 -三種の神器-

家電製品-三種の神器

時代によって移り変わる家電アイテム
戦後の各家庭への浸透状況
高度経済成長期の3C
平成時代に細分化
ハイテク家電と呼ばれるモノ
キッチンにおける家電製品の真実
一人暮らしに必需品の人気アイテム
一人暮らしのお部屋にあると嬉しいソファ
2つの機能が魅力的なソファベッド
現在欲しいと思う家電製品TOP3
ご意見・ご感想

家電製品を理解し、インテリアコーディネートに役立てよう。

戦後における家電製品といえばテレビ



◆家電製品三種の神器『白黒テレビ』『洗濯機』『冷蔵庫』

『戦後の家電製品三種の神器・・・ピンとこないわね。』
『引越しの時重くて大変なのが、家電製品三種の神器。。』

『ウチ等、生まれてないもんねぇ・・・』

『えっと、1950年頃かしら。この時代の家電製品三種の神器は、白黒テレビ・冷蔵庫・洗濯機の3つになってるみたいよ?』

『ふむふむ。』

『テレビの放送が1953年あたりらしく、その前は炊飯器や掃除機が家電製品三種の神器と記されています。』

『ひじょたん、ものしり~。そこに痺れる憧れ(ry』

『はいはい、馬鹿な事言ってないでさっさといくわよ。』

『いや、真面目にやってるっての!なになに・・・この頃の家電製品三種の神器の中では、頑張れば手が届く家電製品で白黒テレビが割合高かったとされている。』

『そうよね、新しいものは何でも高いもの。ソファの種類や素材で値段が変わるのと一緒だと思うわ。』

『だけど、この3つの家電製品の中で一番早く普及されたものは白黒テレビで、一番遅く普及されたのが冷蔵庫とあるぞ?』 『多分、あれでしょ。一般家庭が白黒テレビを買って普及されたんじゃなくて、飲食店とか銭湯とか集客効果の高い施設が買っていったからじゃないかしら?』

『あ~、その説濃厚っぽいね。親の話とかだと、そこらの家庭にテレビという家電製品はなくて、一部の裕福な家庭にプロレス見にいったって聞かされたようなきがする。』

『これも私達の世代には、ぜんぜん分からないけど東京タワーが完成して白黒テレビという家電製品は爆発的にヒットしたって書かれてるわね。』 『なるほどね、とりあえずこの世代の家電製品三種の神器に関する情報はこんなところかな・・・ ベッドのタイプや種類についてでも、軽く話そうか?』

『そうね、生まれる前のことだし、次にいきましょ。』

『ちょっと…スルースキル高すぎ!少しは触れろよ!!』

生活を支える基盤となった白黒テレビ

生活必需品と言っても過言ではない家電製品。その中でも特に人の生活に密着しているのは、やはりテレビでしょう。テレビは情報発信というその特質も相まって、またたく間に一般家庭に普及し、お茶の間に娯楽を提供した、現代の生活スタイルの基盤となった家電です。

ですが、戦後間もない頃は家電を購入できるのは一部の人、特にお金を持っている人だけだったので、頑張れば変えるけど、でも無理しないと変えない、そんなレベルの家電でした。今では考えられないですよね。

そんなテレビは今では地デジや42インチのような大画面が当たり前。時代はほんと、移り変わったんですねぇ・・・。

pickup

五反田エリアで口コミのいい評判の全身脱毛サロンを5店舗ご紹介!

Last update:2017/8/18

 
Copyright(c)2008 家電製品紹介サイト-三種の神器- All rights reserved.