家電製品の歴史 -三種の神器-

2014/10/1 更新

家電製品-三種の神器

時代によって移り変わる家電アイテム
戦後の各家庭への浸透状況
高度経済成長期の3C
平成時代に細分化
ハイテク家電と呼ばれるモノ
キッチンにおける家電製品の真実
一人暮らしに必需品の人気アイテム
一人暮らしのお部屋にあると嬉しいソファ
2つの機能が魅力的なソファベッド
現在欲しいと思う家電製品TOP3
ご意見・ご感想

家電製品を理解し、インテリアコーディネートに役立てよう。

平成時代の家電製品は種類や分類が細分化



◆平成時代に家電製品の三種の神器が消滅?

  1. 『およ?一気に年代ジャンプしたのぉ・・・』
  2. 『何か特集したい家電製品でもあった?』
  3. 『もう少し昔だと、家電製品でファミコンとか入ってたかなーとかね。小学校の入学式の時買ってもらってかなーりやったしね。快適なマッサージチェアでやってたから、良く寝てたけど…』
  4. 『あら、残念。悪いけど私ファミコン出た時生まれてないわよ(笑)』
  5. 『わ、わかさがにくい・・・orz』
  6. 『で?平成の家電製品の三種の神器ってどうなっているわけ?』
  7. 『平成の家電製品は物が一気に増えたのも原因なんだけど、凄い細分化してて今までのような家電製品における三種の神器ってのはなくなってるんだよね。』
  8. 『あら?じゃあ、これで家電製品の調べ物はおわり?ソファで安眠してきても良いかしら?』
  9. 『いやいや、そうはいきませんよぉ。さっきも言ったけど細分化してるだけで、家電製品の三種の神器ってのがなくなっているわけではないからね。マスコミ連中も新しい家電製品の三種の神器を掲げたりもしたけど、浸透はしなかったってだけなんだ。』
  10. 『その浸透しなかった家電製品は何だったの?』
  11. 『パソコン・携帯電話・カーナビの3つの家電製品。でも、パソコンや携帯電話はわかるとして、カーナビはつけてない車もいっぱいあるんだよ。都心に住む人たちは車をあまりつかわないよってカーナビという家電製品はいらない。逆に田舎のほうだと車は使うけどカーナビはいらないっていう寸法さ。』
  12. 『うん、すごい納得(笑)というわけで、そこのソファで睡眠を…』
  13. 『そういう理由で、昭和から受け継いだ平成における家電用品の三種の神器ってのは無くなったってわけなのさ。細分化したそれぞれのジャンルでの家電製品のトップ3がそれになっているだけ(笑)ソファのスタイルや種類と同じで膨大な数だから把握できていない。って、寝るなああああ。』
  14. 『はいはい…で?それじゃ、次は何を調べていくの?』
  15. 『まずは、デジタル家電製品の三種の神器から調べてみますか』

今でこそ引く手あまたな家電製品も、昔は全然普及せず

なかなか普及しなかった家電製品、カーナビ、パソコン、携帯電話。これらに共通しているもの、それは「価格の高さ」です。現代社会では既に一人一台、情報収集、伝達に欠かせない必須ツールであるパソコンや携帯電話は、昔は一台で数十万もの値段がしていたため、おいそれと購入できるような者ではなく、むしろ高級品として考えられていました。
時代は進み各部品や製造過程が見直され、今では大分お安い値段で購入可能となったため、民間への普及が高まり、今に至る、というわけです。いつの時代も最初の家電、パイオニアはお高い、ということですね。
 
Copyright(c)2008 家電製品紹介サイト-三種の神器- All rights reserved.