家電製品の歴史 -三種の神器-

Last update:2014/10/1

家電製品-三種の神器

時代によって移り変わる家電アイテム
戦後の各家庭への浸透状況
高度経済成長期の3C
平成時代に細分化
ハイテク家電と呼ばれるモノ
キッチンにおける家電製品の真実
一人暮らしに必需品の人気アイテム
一人暮らしのお部屋にあると嬉しいソファ
2つの機能が魅力的なソファベッド
現在欲しいと思う家電製品TOP3
ご意見・ご感想

家電製品を理解し、インテリアコーディネートに役立てよう。

家電製品の新しい波デジタル家電製品



◆デジタル家電製品という三種の神器

『2003年ごろから急速に普及し始めたデジタル家電製品、ここではそのデジタル家電製品での三種の神器を調べていこう。』

『ところで、デジタル家電製品って今までの家電製品とは何か異なるの?』

『地上はデジタル放送とかインナーネットに対応できる家電製品、情報家電製品と一緒にされて他らしいんだけどね。デジタルカメラとか携帯電話のような、デジタル関連の技術を利用したハイテク家電のことを今ではデジタル家電製品と呼ぶようになったらしいよ。それはそれとして、インテリアのソファが欲しいなぁ。買ってよ!』

『(華麗にスルー)とりあえず、別の家電製品として扱われるようになったってことなのね?』

『そういうこと、そのデジタル家電における家電製品三種の神器が、デジタルカメラ・DVDレコーダー・薄型テレビの3つを指しているんだ。』

『その3つの家電は、最近だとどこの家も揃っていそうね。』

『テレビはどうしても、買い換えないといけないからね。となると残りの二つの家電製品についても、現在はDVDレコーダーしか扱わないし、カメラもプロではない限りデジタルカメラに取って代わられているからね。』

『携帯電話にもカメラついてきてるしね。そのデジタル家電三種の神器については納得できるわ。』 『携帯電話もこうやって一般化されちゃってるしね。ソファの種類と同じで、家電製品もどんどん時代と共に進化してるよね。』

『悪用されたりもしてるわけだけどね・・・』

『それに関しては、今回は触れないでおこう。調べ物が増えるのは、い・や・だ!』

『はいはい、わかりました(笑)』

『次の家電製品は・・・っと・・・キッチン家電!?』

『家電製品、細分化しすぎですね(笑)』

『ほんとにね・・・』

デジタル化が進む家電製品

今や猫も杓子もデジタル化、と言っても過言ではなく、テレビ、携帯、パソコン、時計など様々な聞きは全て電子器機となり、反面アナログと呼ばれる機械はひっそりと身を潜めました。

デジタル家電の良さはアナログと違って操作が簡単、電池を入れれば動く、とにかく便利なところ。またデジタル化に伴いダウンサイジングが図られ、省スペースが実現できたことも強みでしょう。
デジタル化はこれからますます進むことが予想されます。アナログもいいけれど、時代にそってデジタル家電を揃えるのもいいですよ!
 
Copyright(c)2008 家電製品紹介サイト-三種の神器- All rights reserved.